グランサンクとは何か?その歴史や各ブランドをご紹介

ジュエリー好きなら知っておきたい「グランサンク」について、その歴史やブランドについてご紹介します。グランサンクとは、フランス高級宝飾協会が認めたパリ5大宝飾店のこと。いずれもパリのヴァンドーム広場に店舗を構えている老舗宝飾店であり、セレブ御用達のハイジュエラーです。

グランサンク 歴史 タイトル画像
グランサンク 歴史 タイトル画像

グランサンクの歴史とは

「グランサンク」とは、1900年代半ばに結成された、フランス高級宝飾協会が認めたパリ5大宝飾店のことです。

 

グランサンクは1940年代から活動が始まり、1974年ごろに結成したといわれています。フランス語で直訳するとグランは「偉大な」、サンクは「5」を意味し、パリの5大ジュエリーを表しています。

 

パリ1区に位置するヴァンドーム広場のオテル・リッツでは、創業家による会合や合同の新作発表会などの活動を開催していました。現在、協会自体の活動はほとんど行われておらず、現地でもその名を知らない人も多いのだとか。

 

かつては、ジュエリーブランドとして根強い人気を誇る「カルティエ」も参加していたようですが、現在協会に加盟しているのは5社のブランドです。

次の章では、グランサンクのこの5つのブランドについてご紹介していきましょう。

グランサンク 歴史

グランサンクの5つのブランド

現在、グランサンクの協会に加盟しているのは、下記の5ブランドです。

 

【ヴァンクリーフ・アーペル】(Van Cleef & Arpels)

【ショーメ】(CHAUMET)

【メレリオ・ディ・メレ】(MELLERIO dits MELLER)

【ブシュロン】(BOUCHERON)

【モーブッサン】(MAUBOUSSIN)

 

どのブランドも日本でも名を馳せている高級ブランドですね。とはいえ、それぞれのブランドの歴史や特徴について詳しくは知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、以下で深掘りしていきます。

【ヴァン クリーフ&アーペル】

ハイジュエリー 歴史 ヴァンクリーフ&アーペル ブランドロゴ

画像参照元サイト https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/home.html

◆「ヴァン クリーフ&アーペル」の歴史と魅力◆

1906年にアルフレッド・ヴァンクリーフとシャルル・アーペルによって創業したジュエリーブランドです。石留めを行うためのツメを使用せず、留め具が見えないようにセッティングする「ミステリー・セッティング」と呼ばれる独自の技法を持ちます。宝石の輝きや色が最大限に活かされるヴァンクリーフ・アーペルだけの特許です。

 

ヴァンクリーフ・アーペルを代表するジュエリー「アルハンブラ」は、四つ葉のモチーフが特徴的で、世界的に人気のジュエリーです。黒、白、赤などさまざまなカラーの四つ葉がとってもキュートで、日々のコーディネートを華やかにしてくれます。

ヴァンクリーフ&アーペル 歴史参考写真

画像参照元サイト https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/high-jewelry/signature-collection/flowers.html

【ショーメ】

ショーメ ブランドロゴ

画像参照元サイト https://www.chaumet.com/jp_ja

◆「ショーメ」の歴史と魅力◆

1780年に創業し、ヨーロッパの皇族の御用達ジュエリーとして人気の高い老舗ブランドです。

 

皇帝ナポレオンが妻や姪に結婚指輪をつくらせたとして1802年にはナポレオン1世より御用達宝石商に指定されているといわれています。

 

ヨーロッパの皇室のティアラはショーメが多くつくっており、ティアラをモチーフにしたエレガントで華やかなジュエリーが多数揃っているのも魅力的です。

ショーメ 歴史参考商品

画像参照元サイト https://www.chaumet.com/jp_ja/josephine-aube-printaniere-ring-082074

【メレリオ・ディ・メレ】

メレリオ ブランドロゴ

画像参照元サイト https://www.mellerio.jp/

◆「メレリオ・ディ・メレ」の歴史や魅力◆

1603年にメレリオ家によって創業した最古のジュエリーブランドです。かの有名なマリー・アントワネットも愛したといわれています。

 

イタリアの職人に起源があることからイタリアっぽいデザインや卵型をした「メレリオ・カット」の石が特徴的です。

 

シンプルで繊細なデザインの結婚指輪もありますが、サッカーのバロンドールのトロフィーやテニスの全仏オープンのトロフィーをつくった功績もあります。

グランサンクとは何か?その歴史や各ブランドをご紹介

画像参照元サイト http://www.g-rena.com/cata-p-5-sold.html

【ブシュロン】

ブシュロン ブランドロゴ

画像参照元サイト https://www.boucheron.com/ja_jp/

◆「ブシュロン」の歴史や魅力◆

1858年にフレデリック・ブシュロンによって創業し、創業から35年にヴァンドーム広場に移転したハイジュエラーブランドです。

 

ヴァンドーム広場の八角形をモチーフにした時計やグラフィカルで斬新なデザインのものなどインパクトのあるジュエリーが揃います。

 

たとえば、2005年に注目を集め一世風靡した、いまも絶大な人気を誇り続ける「キャトル」は、重ね付けするのにぴったりなリングです。婚約指輪や結婚指輪と重ね付けすると、シンプルなデザインのものでも存在感のある指輪に早変わり!

 

キャトルは4連もあれば、マリッジリングとしても使いやすい2連や中央にダイヤモンドをあしらったエンゲージリングもあります。

ブシュロン 歴史参考商品

画像参照元サイト https://www.boucheron.com/ja_jp/quatre-classique-small-ring-classique-jrg00290.html

【モーブッサン】

モーブッサン ブランドロゴ

画像参照元サイト https://mauboussin.jp/

◆「モーブッサン」の魅力◆

1827年に創業し、1955年にヴァンドーム広場にお店を構えました。ハイジュエラーなブランドであるにもかかわらず、比較的リーズナブルな価格で購入できるという魅力があります。

 

モーブッサンを象徴するロゴマークといえば、流れ星をイメージした「エトワール(星)」。バッテンのようにクロスしたデザインで、これがワンポイントになっているジュエリーがたくさんあります。「流れ星を見たら願いが叶う」ということにちなんで、プレゼントにもおすすめです。

 

代表的な婚約指輪は「チャンス・オブ・ラブ」です。中央に光るダイヤモンドを四つ葉のクローバー型のパヴェダイヤが囲んでいるデザインが特徴的です。

モーブッサン 歴史参考商品

画像参照元サイト https://mauboussin.jp/solitaire-chance-of-love-n-2-or-jaune-et-diamants.html

世界5大ジュエラーとの違い

グランサンクは「世界5大ジュエラー」とは意味が異なります。

【世界5大ジュエラー】

【ヴァンクリーフ&アーペル】(Van Cleef & Arpels)

【カルティエ】(Cartier)

【ハリーウィンストン】(HARRY WINSTON)

【ブルガリ】(BVLGARI)

【ティファニー】(TIFFANY & Co)

 

この中で格付けするなら、「ハリーウィンストン」とグランサンクにも世界5大ジュエラーにも両方入っている「ヴァンクリーフ・アーペル」がほかのジュエリーよりも格が高いといわれています

体験レッスン・学校見学
 
ラヴァーグでジュエリーを学んでみたいと思ったら 
体験レッスン・学校見学に行ってみよう 
お急ぎのご予約はお電話にてお願いいたします。
 
03-5789-3554
10:30~21:30(土・日・祝日は21:00まで)水曜定休
 

ページトップへ