インディアンジュエリーコース

インディアンジュエリーコース

インディアンの伝統を受継いでいく

インディアンジュエリーの制作技法に特化した集中レッスン

インディアンジュエリーとは

アメリカ大陸先住民である「インディアン」達によって作られたジュエリーの事をインディアンジュエリーと言います。
彼らの独自の模様で自然に対する感謝の気持ちや家族・仲間や友情の証、豊作への願いや、幸せへの祈りが込められています。
インディアンジュエリーを制作する有名な4大部族として
『ナバホ族』『ズニ族』『ホピ族』『サントドミンゴ族』が現在もインディアンジュエリーを受け継ぎ、本物のインディアンが作るジュエリーは貴重なものとして世界中から愛されています。

日本初?インディアンジュエリーコース

基本的には、彫金技法と鋳造技法でインディアンジュエリーは作られているため、多くのスクールでは彫金コースを学ぶことでインディアンジュエリー風の作品が作れるようになるとされてきたと思います。
LaVagueジュエリースクールでも、今まではインディアンジュエリー風の作品を作りたい方達には彫金コースを進めてきましたが、既存の彫金コースでは取りこぼしてしまっている技法や、インディアンジュエリーによく使用されている装飾に対して、きちんと細かく学んでもらうために作られたカリキュラムが必要でした。
 
最近、男性・女性ともにインディアンジュエリーが好きな人たち・作りたいという方達が増えてきました。改めてインディアンジュエリーの価値が見直されている今、伝統技法を学べる場所が必要だと感じ、この度設立となりました。
 
調べれば調べるほど奥が深く、今現代で忘れかけている「人としての大切な芯の部分」を思い出させてくれたインディアン達への敬意は増していきました。どうせなら”インディアン達の強く清らかなスピリットを知ってもらえるきっかけ”となるようなコースにしていきたい。そんな思いを込めて、技術だけではなく伝統を少しでも繋いでいく手伝いが出来ればという気持ちで、このコースを立ち上げました。

インディアンの伝統を受継いでいく
インディアンの伝統を受継いでいく

インディアンジュエリーコース概要

初心者でも安心して学べる嬉しい理由

インディアンジュエリーコースで学ぶ技法

このインディアンジュエリーコースでは、主に金属加工の基礎である彫金技法をメインに課題に取り組んでいきます。
 
ナバホ族が得意とするスタンプワークやリポウズ技法、ホピ族の代表的なオーバーレイ技法、実際に使用されている技法を学びながらオリジナルの刻印模様(タガネ)制作など、伝統からオリジナリティの応用が活かせるような力を身につけるコース構成となっています。
 
全16課題が終了した時、あなたが思い描くインディアンジュエリーが一人で作っていけるようになっているはずです。

Lesson16 卒業制作  今まで学んできたことを生かして、思い思いの作品を制作してみましょう。ここまで学ぶことですべて自分でデザイン・制作・仕上げまでの流れを組み立てることが出来るようになっているはずです。

カリキュラム一覧

インディアンジュエリーコースで学べる事

Lesson1 タガネ制作

Lesson1 タガネ制作

初めてのレッスンでは、インディアンモチーフの「ガラガラヘビのあご」「サン(太陽)」「サンダーバードトラック」の3種類を作成します。
やすりを使ってタガネと呼ばれる鋼を加工していく課題で、これが出来るようになると様々なスタンプワーク用の模様が作れるようになります。
ヘビの顎は強さを。太陽は幸福。サンダーバードトラックは明るい展望うぃ表します。モチーフの勉強をしながら制作していきましょう。
Lesson2 スタンプワーク カフバングル制作

Lesson2 スタンプワーク カフバングル制作

2つ目のレッスンでは、作ったタガネやスクールで用意した約40本の色々なモチーフを組み合わせてカフバングルを制作してみましょう。意味同士を組み合わせて、願いやストーリーを込めて作りましょう。
Lesson3 スタンプワーク リング

Lesson3 スタンプワーク リング

Lesson2ではカフバングルの制作でしたが、Lesson3ではリングとなります。
打刻を打ち込むことで地金の伸縮が出てくるため、リングサイズをピッタリ合わせていくためには細かな調整が必要となります。緻密な寸法合わせをここで学んでいきましょう。
Lesson4 サンバースト

Lesson4 サンバースト

サンバーストとは太陽光線をモチーフにしており、ナバホ族のジュエリーによく見られるもの。太陽はナバホ族にとって「強い力」「癒しの象徴」であり、朝一の太陽が昇ってきたときの日差しが最も強いとされてきました。
この課題ではチゼルワークと呼ばれるシンプルな直線のタガネで線や溝などを刻み込んでいく技法を学んでいきます。 
Lesson5 サントドミンゴネックレス

Lesson5 サントドミンゴネックレス

インディアンの伝統的な装飾品としては最も古いと言われるサントドミンゴ族の「ヒシネックレス」を制作していきます。
ターコイズ・シェル・サンゴ・オニキスのビーズを使用して、ヒシネックレスのデザインの特徴を理解・把握しながら作っていきましょう。
Lesson6 イーグルフェザーネックレス

Lesson6 イーグルフェザーネックレス

インディアンにとってイーグルの羽とは神聖なモノであり、勇気や力、英知、名声、リーダーシップの象徴とされています。ここまで学んだことを活かして、しっかり羽らしさを出せるテクニックやポイントをこの課題ではお伝えしていきます。
Lesson7 ホピ族ネックレス(ベーシック)

Lesson7 ホピ族ネックレス(ベーシック)

4大部族の中でもよく耳にする「ホピ族」の課題です。インディアンジュエリーといえば、良く皆さんが連想する「オーバーレイ技法」をここから3課題でマスターしていただきます。
まずはオーバーレイの基本技法を身に着けるベーシック課題で感覚を掴んでいきましょう。
Lesson8 ホピ族ジュエリー(アドバンス)

Lesson8 ホピ族ジュエリー(アドバンス)

ベーシックが終わったら、次はアドバンスへステップアップです。より複雑で細かい模様でオーバーレイを作成していきましょう。模様が細かくなるとロウ付けスキルや、細かい糸鋸でのテクニックが求められます。
Lesson9 ホピ族のオーバーレイリング

Lesson9 ホピ族のオーバーレイリング

オーバーレイ課題のラストはホピ族の指輪です。バングルに比べてサイズが小さくなることとロウ付け(溶接)の回数が増えること、しっかり正円に曲げる際に上面の模様が剥がれないようにしなくてはいけない。など、気を配らなくてはならないポイントが山ほど出てきます。
これがしっかりクリアできればオーバーレイは習得出来たと胸を張って言えるでしょう。
Lesson10 ズニ族のピアス

Lesson10 ズニ族のピアス

インディアンジュエリー4大部族の一つであるズニ族。緻密な石の研磨と石留技術で作り出される作品は、色鮮やかで独特の魅力のあるジャンルです。
この課題では、もう少しライトにズニ族の特徴を捉えた簡単な技法を学んでいきます。
Lesson11 ズニ族ネックレス

Lesson11 ズニ族ネックレス

ここでは、実際にズニ族の技法と同じように石の研磨を行い、組み合わせて模様を作っていきます。石の硬さや削れ具合・研磨面の角度を意識しながら、パズルのように組み立てていきましょう。
Lesson12 アップリケ(装飾パーツの制作)

Lesson12 アップリケ(装飾パーツの制作)

ここでは余った地金を溶かし、新たに金属板を作ったり、アップリケという型に銀を押し込んで作るパーツ制作を学んでいきます。アップリケを習得することで、粗密のバランスを考えたデザイン展開をしていくことが出来るようになります。
Lesson13 ナバホネックレス(ベーシック)

Lesson13 ナバホネックレス(ベーシック)

この課題では、インディアンジュエリーの代名詞とも言われるターコイズの石留をメインで学んでいきます。装飾用の石枠(ベゼルワーク)・シャカ玉(丸い粒)やワイヤーワーク(縄目)でのアクセント付けも同時に学ぶので、この課題で一気に技術の幅や引き出しが増えていきます。
Lesson14 ナバホジュエリー(アドバンス)

Lesson14 ナバホジュエリー(アドバンス)

リング・ピアス・ネックレス・バングルなどなど。シャカ玉、ワイヤーワーク、石留めやスタンプワークなど、これまでに培った技術をいろいろつかってオリジナルのインディアンジュエリーを制作してみましょう!
Lesson15 バンプアウト

Lesson15 バンプアウト

金型にシルバーの板をあて、雄型と雌型を合わせて打ち込んでいくことで模様が浮き出た表現をすることが出来ます。今ではほとんど生産されておらず、入手は困難となっています。
ラヴァーグでは特別な入手ルートから手に入れた、本物のインディアン達が使用している貴重なバンプアウトの型を使用して、打ち出しを習得していくカリキュラムです。
Lesson16 卒業制作

Lesson16 卒業制作

今まで学んできたことを生かして、思い思いの作品を制作してみましょう。ここまで学ぶことですべて自分でデザイン・制作・仕上げまでの流れを組み立てることが出来るようになっているはずです。

実際にインディアンジュエリーコースを受講した生徒さんの声はこちら↓

インディアンジュエリーコース課題

ネイティブアメリカンであるインディアンが作る伝統的なジュエリー、インディアンジュエリーの作り方を学ぶコースです。ナバホ族・ホピ族・ズニ族・サントドミンゴ族など、部族ごとに特徴のあるインディアンジュエリーの技法や、インディアンジュエリーのモチーフの意味などを学ぶ事ができます。<全16課題>

インディアンジュエリーコース

¥304,700(税込)(全16課題) ※1

●彫金技法15課題
●ビーズの組み合わせアクセサリー1課題
通学有効期限最大2年間
無理なくお支払いいただける分割払いもご用意しております 月々¥6,300~

銀粘土コース(平日限定)

¥154,000(税込)(全16課題) ※1

●同一内容で平日のみ通えるコースです。
通学有効期限最大2年間
無理なくお支払いいただける分割払いもご用意しております 月々¥6,300~

※1 すべてのコースに入学金として¥11,000と材料費が別途かかります。(材料費は個々のデザイン・素材により異なります。)
※2 コース習得にかかる日数は各個人の通学ペースにより異なります。お好きな日時、自由なペースで通学出来ますので、集中して通学できる方は短期で習得していただくことも可能です。
※3 コース受講料は一括または分割でのお支払いが可能です。表記価格は(コース受講料+入学金)を60回払いされる場合の一例です。頭金の額や支払い回数により表記価格は変動します。

※1 すべてのコースに入学金として¥11,000と材料費が別途かかります。(材料費は個々のデザイン・素材により異なります。)
※2 コース習得にかかる日数は各個人の通学ペースにより異なります。お好きな日時、自由なペースで通学出来ますので、集中して通学できる方は短期で習得していただくことも可能です。
※3 コース受講料は一括または分割でのお支払いが可能です。表記価格は(コース受講料+入学金)を60回払いされる場合の一例です。頭金の額や支払い回数により表記価格は変動します。

ハワイアンジュエリーコースと合わせて学びたいコース

アントレプレナー(ブランド設立)コース

このコースと合わせて受講すると ¥557,700
ジュエリーの作り方を学ぶのではなく、ジュエリーを売るためのノウハウを学ぶコース。自分のブランドを立ち上げたい方におすすめ!
別々に受講すると¥799,700のところ¥242,000もお得!

ジュエリーCADコース

このコースと合わせて受講すると ¥903,100
3DCADを使ってジュエリーを作るジュエリーCAD。商品としての高いクオリティと開発スピードはジュエリービジネスを考える方には必須!手作りでは思い通りにいかないデザインも解決できるので、鬼に金棒の何でもこい!と言える実力が備わるはず!
別々に受講すると¥1,008,700のところ¥105,600もお得!
インディアンの歴史を知る

インディアンジュエリーブランド設立コース

¥1,156,100
インディアンジュエリーコース・ジュエリーCAD総合コース・アントレプレナー(ブランド設立)コースの3つのコースを同時に学んでいくコースです。3つのコースを別々に学んだ場合(¥1,503,700)と比べ ¥347,600 もお得に受講することができる特別なコース!

特別な商品の開発を行うためのインディアンジュエリー。様々な形状のアイテムを作りだしていくためのジュエリーCAD。作るだけでなく、アイテムを売るために必要なノウハウを学ぶためのアントレプレナー(ブランド設立)コース。ジュエリーをビジネスとして捉えたとき、成功に近づくために学ぶべき技術をひとつにまとめたコースです。

体験レッスン・学校見学
 
ラヴァーグでジュエリーを学んでみたいと思ったら 
体験レッスン・学校見学に行ってみよう 
お急ぎのご予約はお電話にてお願いいたします。
 
03-5789-3554
10:30~21:30(土・日・祝日は21:00まで)水曜定休
 

ページトップへ