Rhino6ではわざわざ制御点の表示コマンドを使わなくても、線を選択しただけで制御点が出てくるようになりました

ページトップへ