一枚目を撮影したら、同じ角度から露出(明るさ)の調整を行いながら明暗どちらも3~4パターン撮影しておきましょう

ページトップへ