こういった細かいパーツの組み合わせは、彫金技法で同じように作ろうとすると何度も火を当てるロウ付け(溶接)が必要となります

ページトップへ